広島市中区大手町の甲状腺疾患専門のクリニック

診療時間午前 9:30 - 13:00 / 午後 14:30 - 17:30
休診日水曜・土日・祝日

お気軽にお問い合わせ下さい TEL 082-545-0054

診療案内

ホーム 診療案内 骨粗鬆症

骨粗鬆症

50歳以上の女性の3人に1人
定期的に骨密度検査を測ることをおすすめします

骨の強度が低下して骨折する危険が大きくなる病気です。
50歳以上の女性の3人に1人にみられる病気といわれています。
特に女性は40歳以上になったら定期的に骨密度検査を測ることがすすめられております。
当院では橈骨(前腕)でのDEXA法による骨密度検査が可能です。

骨粗鬆症の原因

  • 原発性 → 加齢、女性ホルモンの低下、栄養不足 など
  • 続発性 → 副甲状腺機能亢進症、バセドウ病、ステロイド長期内服、低TSH血症など

骨粗鬆症の予防と治療

カルシウムを多く含む食品
魚介類
マイワシ、ワカサギ、しじみ、干しエビ
大豆製品
納豆、木綿豆腐、生揚げ
乳製品
牛乳、スキムミルク、ヨーグルト
野菜・海藻類
乾燥ひじき、干しわかめ、小松菜、チンゲン菜
ビタミンDを多く含む食品
魚介類
イワシ丸干し、サンマ、カレイ、サケ、
ブリ、しらす干し
キノコ類
干ししいたけ、きくらげ

他の診療項目