広島市中区大手町の甲状腺疾患専門のクリニック

診療時間午前 9:30 - 13:00 / 午後 14:30 - 17:30
休診日水曜・土日・祝日

お気軽にお問い合わせ下さい TEL 082-545-0054

診療案内

ホーム 診療案内 甲状腺疾患

甲状腺疾患

どうも体調がすぐれないと感じておられる方は
検査することをお勧めいたします

甲状腺の病気には、“甲状腺ホルモンのバランスに異常がある状態“と”甲状腺にしこり(腫瘍)ができた状態“の2タイプがあります。
甲状腺ホルモンは多すぎても少なすぎても体調が悪くなってしまいます。どうも体調がすぐれないと感じておられる方の中には、甲状腺ホルモンのバランスが崩れる病気がひそんでいることもあります。
また、健康診断などで偶然、甲状腺のしこり(腫瘍)が見つかるケースも増えてきました。このような症状のある方は、早めに専門的な検査を受けられることをお勧めいたします。

甲状腺ってなに?

甲状腺は食べものなどに含まれているヨウ素を取り込んで甲状腺のホルモンを作り、血液の中に分泌するところです。

甲状腺ってどこにあるの?

甲状腺はくびの前方、のどぼとけのすぐ下にあります。蝶が羽を広げたような形をしていて、重さ15g〜20gほどの小さな器官です。
病気がない状態ではやわらかく、触ってもよくわかりません。

甲状腺ホルモンのバランスに異常が出る病気

甲状腺ホルモンは新陳代謝をよくすることで、体を活発に動かせよう働きかけます。また、成長や発達などにも関わっています。
甲状腺ホルモンは多すぎても少なすぎても体調が悪くなってしまいます。どうも体調がすぐれないと感じておられる方の中には、甲状腺ホルモンのバランスが崩れる病気がひそんでいることもあります。

自己チェックリスト

甲状腺ホルモンが多すぎる状態
(甲状腺機能亢進症)
脈がはやく、心臓がドキドキする
手指がふるえる
暑がりでよく汗をかく
よく食べるのに痩せる
イライラしやすく落ち着かない
便がゆるく回数が多い
まぶたが腫れる / 眼がでてきた
甲状腺ホルモンが少なすぎる状態
(甲状腺機能低下症)
顔や手足がむくみやすい
昼間でも眠たい
寒がりで体が冷える
それほど食べないのに太る
体がだるく疲れやすい
便秘をしやすい
肌が乾燥してカサカサする

甲状腺疾患の代表的な病気

甲状腺ホルモンが増える代表的な病気

バセドウ病 / 無痛性甲状腺炎 / 亜急性甲状腺炎 /
プランマー病 など

甲状腺ホルモンが少なくなる代表的な病気

慢性甲状腺炎(橋本病) / 甲状腺手術の後 / アイソトープ治療の後 など

甲状腺にできもの(腫瘍)ができる病気

“できもの”には治療せずに様子をみても大丈夫な良性のものと、ほっておくと周りへ浸潤したり遠くの臓器へ転移したりする悪性のもの(=甲状腺の中にできる“がん”)があります。8割近くは良性のできものです。
甲状腺にできものがある場合にはまずエコー検査を行い、大きさによっては細い針を刺して細胞を採取する検査(穿刺吸引細胞診)を追加して、良性か悪性かの判定をすることが必要になります。

良性のできものの代表的なタイプ

甲状腺嚢胞 / 腺腫瘍甲状腺腫 / 濾胞性腫瘍 など

まれに大きくなることや、がんを合併することもあるため、半年〜1年毎にエコー検査をして経過をみます。

悪性のできもの(がん)の代表的なタイプ

乳頭がん(9割近くがこのタイプ) / 濾胞がん / 低分化がん / 髄様がん / 未分化癌 / 悪性リンパ腫 など

基本的には手術が必要になりますが、ゆっくりと進行することが多いため小さなものであればすぐに治療をせず慎重に様子をみることもあります。
他のがんと比べると治りやすいものが多く、専門施設での確実な手術が望まれます。当院では主に土谷総合病院をご紹介し、手術のサポートをさせていただくと共に、術後も長期にわたり責任を持ってフォローいたします。

他の診療項目